医療保険、まずは資料請求してみよう!

MENU

医療保険の一括資料請求

医療保険を比較する場合には資料請求をしてからと思っている人も多いと思いますが、インターネットから手軽に資料請求ができるとは言え、やはり必要事項を入力して、数社の医療保険会社へ資料請求をするというのは時間も手間もかかります。5社を比べてみたいと思えば5回も必要事項を入力することになりますから、これはかなり大変になってくると思います。
そこで便利なのが医療保険の一括資料請求ができるサイトです。今様々なサイトがインターネット上にはありますが医療保険の一括資料請求を行っているサイトがたくさんあります。これは一度必要事項を入力するだけで自分の好きな医療保険会社への資料請求が何社でも一度の送信でできるというものです。これなら医療保険の資料請求をあちこちしたいと思ったときに何度も必要事項を入力しなくてもいいというメリットがあります。
手軽に一括で資料請求することが可能ですから、あとは届いた医療保険会社のパンフレットなどを見ながら医療保険について見比べると選びやすいでしょう。自分にぴったりと合った医療保険を選ぶということが大切なポイントになってきますから、やはり色々な会社の医療保険の資料請求をして内容をよく確認したうえで検討するのが一番だと思います。なかなかすぐには決められないと思いますから、資料請求をしてからじっくりと検討するといいと思います。自分にぴったりと合う医療保険選びを手軽にするなら一括資料請求がお勧めです。

医療保険と必要書類

医療保険を請求するにあたっては必要書類が必要になってきます。保険会社に連絡をしてから、だいたい保険会社が用意している請求書類が送られてきますからそちらに必要書類の案内が書かれた紙もいっしょに同封されていることも多いと思います。そちらを確認してもいいですが、だいたい必要書類として準備しなければいけないのが、医療保険の保険証券、給付金請求書、入院診断書、事故証明といったことになっています。
中でも給付金請求書や入院診断書は保険会社が指定している用紙を使うことになっています。入院診断書はその紙をもって入院していた病院の先生に提出をして描いてもらう必要があります。その日にすぐに書いてもらえるというわけではなくて、病院によって違っていますが1週間から3週間ほどかかることもありまた取りに行くか郵送で送ってもらわなくてはいけないケースがほとんどです。
また、診断書を書いてもらうのにはお金が必要になることもあるので注意しましょう。たとえば入院日数が少なくて給付金を計算すると4000円だったという場合に、入院診断書が5000円だった場合には、これは医療保険を使わない方がいいというケースもありますから、そのあたりはよく考えたうえで医療保険の請求をするのがいいと思います。
医療保険請求の際に必要な書類は各保険会社によっても違っているので、良く確認したうえで不備の内容にそろえるとスムーズに給付金を受け取ることができます。

医療保険の中身

医療保険の中身というのはどのような内容になっているのでしょうか。医療保険の主契約という欄を見てみると、入院をすれば1日にいくら、といった入院の日額保障が書かれていると思いますし、手術をすれば手術1回に付きいくらといったような手術給付金についても書かれていると思います。手術給付金というのは、入院日額のだいたい10倍から40倍という範囲のなかで、どのような手術が行われているのかによって違っていますが決められているところが多いのが特徴です。
医療保険は主契約として、死亡保障が付けられていないものが多いと思います。死亡保障がついている医療保険を選んだ場合には、少しついていないタイプの医療保険単独の保険に比べると保険料なども高くなるという特徴もあります。
医療保険だけの単独の場合には加入した年齢で保険料が決まるというようなタイプが人気で、たとえば20歳ではいれば1000円台で加入できて一生涯この値段であるというものの場合には早くはいれば早く入るほど、保険料が安いのでそのまま一生涯保障してくれますからお得ということになります。
死亡保障が付けられている医療保険の中身としてみてみても、それほど死亡保障専門の生命保険に比べると死亡したときの額は、低いのが特徴で数百万円ほどになると思います。死亡保険だけの場合には数千万円単位も可能ですが、医療保険の死亡保障はそれほど高くない中身になっているというのも特徴の一つではないでしょうか。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査10